印象の良い人とは|学習能力をUPさせてくれる家庭教師|中学生からしっかり勉強を

学習能力をUPさせてくれる家庭教師|中学生からしっかり勉強を

勉強道具
このエントリーをはてなブックマークに追加

印象の良い人とは

スーツの男女

長所をアピールする

以前の大学入試は、学力による一般入試がその中心でした。しかしここ数年の動向を見てみると、少子化の進行に伴い、試験内容が非常に多様化しているという現状があります。現在も学力による試験は確かに重要視されてはいますが、一方で人間性や表現力、他者とのコミュニケーション能力を重視する大学も増えてきました。学力によらない部分を重視する場合の入試では、面接点の占める割合が非常に高くなっています。面接で大切なことは、自分自身をいかに表現し、短時間で自分の長所をどれだけアピールできるかということにかかっています。テンプレート通りの返答では試験官の心をつかむことはできません。数多くの受験生の中で、記憶に残るための方法を模索する必要があります。

悪い印象をつけない

さて先程は、試験官の記憶に残ることが大切と申し上げましたが、当然のことながら良い意味で記憶に残らなければなりません。残念なことではありますが、記憶に残るというのは、いい意味よりも悪い意味でのほうが強いインパクトとして残ってしまいます。人のイメージは第一印象で決まるといいます。目立とうとして突拍子もない回答をする人以外にも、基本的な面接のマナーを無視している人も、悪い意味でのインパクトが強くなります。面接において良くも悪くもあなたを印象付けるのは、身なりと挨拶にかかっていると言っても過言ではないでしょう。身なりのマナーとしては、清潔感のある服装か、制服を着崩していないかが中心です。挨拶のマナーは、動作と言葉を一緒にしない、大きな声で元気よく、この2つにかかっています。マナーの面でイメージが悪くならないよう注意したいものです。