学習能力をUPさせてくれる家庭教師|中学生からしっかり勉強を

辞書
このエントリーをはてなブックマークに追加

周囲に差がつく学習をする

子供と女性

信頼できる人を見つける

中学生になると高校受験へ向けて、学校の授業以外での学習が必要になってきます。そんな時、塾にするか家庭教師にするか迷うご家庭は多い事でしょう。しかし、ほとんどの学習塾は一人の先生が何人もの生徒に指導したり、時には結構な大人数での授業だったり生徒一人一人になかなか目が行き届かないものです。一方で家庭教師は、マンツーマンでの指導なのでその子の性格や学習の進み具合などを確かめて指導してくれます。中学生は、人生の中でも多感な時期なので家庭教師の先生と親しくなれば悩みごとなども相談できます。高校生活がどんな風なのかという話を聞く事ができれば、将来の夢や目標ができ、学力もぐんぐん伸びるでしょう。家族以外の年上の人と親しくなる機会は中学生の日常生活ではあまりないので、家庭教師は「社会」を知る上でもとても良い存在なのです。

分かるまで勉強できる

家庭教師の一番の特徴は、生徒が理解するまで何度でも教えてくれる事です。世の中には一回教えればすぐに理解できる中学生ばかりではありません。そして、分からないまま放っておいてしまうと、ますます理解できなくなりその後の学習に大きな支障がでます。そのような場合、質問しやすくて分かるまで丁寧に指導してくれる先生がいればとても心強いものです。一般的には塾の方がプロフェッショナルなイメージかもしれませんが、家庭教師もしっかりとその子の進度に合わせた教材を用意し、宿題も出してくれます。そして、家庭教師の場合は何か急用が出来たり、部活動で帰りが遅くなってしまうなどの場合でも時間の融通がきく事が多いので、こちらの都合に合わせてもらえるのも安心です。

書き方がわかれば怖くない

勉強

小論文はどのような文章を書けばいいのかわからず苦手としている人が多いですが、上手い人の文章をまねることで文章力は上がります。ただし、出題者が求めている回答をしないと文章力が高くても評価は上がらないので、設問をよく理解することが必要です。

もっと見る

印象の良い人とは

スーツの男女

面接において重要なことは、自分自身をうまく表現できるかというコミュニケーション能力です。しかし、それだけでは不十分で、最低限のマナーを守ることで、自分自身を正しく評価してもらうことが非常に大切であるといえます。

もっと見る

想像力と学習

笑顔の男児

中学受験を突破するためには、勉強法の確立が大切です。最も正しい勉強法とは、想像力を養う勉強です。想像力を養うことで、批判的思考が身に付きます。批判的思考は人の心を理解する上で欠かせませんし、学問の発展もそれ抜きには考えられないのです。

もっと見る